17歳で宅建合格

こんにちは、小野田です。

 

きょうは、日建学院で17歳で宅建に合格した、濱崎梨花さんの合格体験記をご紹介します。

 

「どうしてその歳で宅建を受験したの?」とよく聞かれます。

 もともと将来ずっと役立つ資格が欲しいと思っていて、それが今の自分でもチャレンジできるのなら、少しでも早く欲しかったからです。

 漠然と[受けてみようかな]ということではなくて、絶対に1回で合格したかった。

 それで日建に通うことにしました。

 一緒に勉強するのは、仕事を終えてからくる大人の方ばかり。

 忙しくて疲れていても努力する姿を見て、私も将来のために頑張ろうと思えました。

 最初は用語も何もわからず、ついて行けるか不安でしたが、映像授業やテキストはわかりやすく、大事なところは特に印象に残るように作られていたのでよかったです。

 

 宅建合格は、私に将来の夢と[やればできる]という達成感をくれた大切な資格であり経験です。