建築施工管理技士講座

国家資格取得を目的とした講座

 

資格取得のメリット

建築工事の現場監督として仕事をするために不可欠な資格です。

工事に関する技術的知識と仕事能力を備えた人材として確実にステップアップしていくことができます。また、資格取得が直接企業の技術力と評価につながりますので、企業によっては有資格者に手当を支給するところもあります。建設業改正により、ますます1級建築施工管理技士のニーズが高まっています。

 

講座の特徴

建築業法に定められた建築工事関係16業種の許可に際して、営業所ごとに置かなければならない専任の技術者並びに工事現場ごとに置かなければならない主任技術者または監理技術者となることが認められています。

また、特定建設業尾にかかわる建築工事業、鋼構造物工事業(指定建設業)については、国土交通大臣が定める国家資格を有するものとして、営業所の専任技術者及び工事現場の監理技術者となることが認められています。

試験に直結するポイントを基礎からしっかり学び、広い出題範囲の中から重要項目を絞り4か月で効率よく学習します。確実に学科試験の合格力を磨きます。

 

(財)建設業振興基金

 

 

 

使用教材

基礎講義テキスト/学科受験テキスト/問題集/施工管理関係法令集/合格必勝講座テキスト/テスト、確認テスト/模擬試験等

 

1級 学科講座 受講料250,000円(税別)

1級 学科短期講座 受講料130,000円(税別)

1級 実地講座 受講料130,000円(税別)

 

2級 短期集中講座(学科+実地) 受講料170,000円(税別)

2級 学科講座 受講料120,000円(税別)

2級 実地講座 受講料80,000円(税別)

 

 

このページのトップに戻る

管工事施工管理技士講座

国家資格取得を目的とした講座

 

資格取得のメリット

一般住宅やビルの管工事では、給排水管や各種ダクトなど、その内部を通る物質の性質を把握したうえで適切な施工計画や監督を行える有資格者は欠かせません。

また、一定予算額以上の工事を請け負う場合は1級の有資格者を配置する必要があり、経営事項審査においてもこうした理由などから、管工事会社をはじめとする建設業での評価は高くなっています。

 

講座の特徴

管工事のスペシャリストを目指すあなたをサポート!

管工事施工管理技士とは、冷暖房設備工事、下水道配管工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事など、建設工事の中でも大きな比重を占める配管工事全般を取り扱う専門家です。

そうした工事現場における建設工事の技術上の管理をつかさどるのが仕事です。

 

1級管工事施工管理技士は、建設業法に定められた管工事事業の許可に際して営業所ごとに置かなければならない主任技術者及び監理技術者となることが認められています。

 

 

 

使用教材

自宅学習用教材セット/受験対策テキスト(1冊)/受験対策問題集(1冊)/テスト等

 

1級 管工事施工管理技士講座受講料 250,000円(税別)

1級 実地講座受講料 60,000円(税別)

2級 管工事施工管理技士講座受講料 220,000円(税別) 

 

 

 

造園施工管理技士講座

国家資格取得を目的とした講座

 

使用教材

自宅学習用教材セット/受験対策テキスト(1冊)/受験対策問題集(1冊)/テスト等

 

資格取得のメリット

「発注者から直接建設工事を請け負った特定建設業者は、当該建設工事を施工するために締結した下請け契約の請負代金の金額が一定以上になる場合は、当該工事現場に監理技術者の設置義務があり、一級憎悪円施工管理技士はこの監理技術者となることができます。したがって、技術者に対する評価は高く、有資格者に対して手当を支給するところもあります。

 

講座の特徴

社会に貢献する、緑を創造する技術者を目指す!

造園施工管理技士は、公園や緑地、遊園地などの造園工事における責任者として施工計画の作成や現場の工程管理、資材や工事工作物の品質管理、作業の安全管理などを行う造園技術のエキスパートです。

「造園」と言っても一般家庭にあるような庭の作業を行うだけでなく、公園やビルとビルの間のレストスペースを作り出すことも仕事です。

1級造園施工管理技士は造園工事業の許可に際して営業所ごとに置かなければならない主任技術者、または監理技術者となることが認められています。

本講座では、2か月間の集中学習で造園工事技術者にとっての必須資格、「1級造園施工管理技士」試験の一発合格を目指します。

 

(財)全国研修センター

使用教材

実地試験対策テキスト/実地試験体験テスト/テスト

 

講座の特徴

短期間で試験のツボを押さえて難関試験突破を目指す。

 

1級造園施工管理技士実地試験情報

受験資格

イ)当年度の1級造園施工管理技術検定・学科試験の合格者

ロ)学科試験免除者

○平成23年度学科試験に合格し、実地試験が不合格または欠席をした者

○技術士法による第二次試験のうち、技術部門を建設部門、農業部門(選択科目を「農業土木)とするものに限る)、林業部門及び森林部門(選択科目を建設部門に関わるもの、「農業土木」、「林業」、または「森林土木」とするものに限る。)の合格者で、1級造園施工管理技術検定・学科試験の受験資格を有するもの。

 

(財)全国建設研修センター

 

1級 造園施工管理技士講座 受講料200,000円(税別)

1級 実地講座 受講料40,000円

2級 造園施工管理技士講座 受講料80,000円(税別)

 

 

 

 

このページのトップに戻る

コンクリート主任技師講座

民間資格取得を目的とした講座

 

資格取得のメリット

近年の技術の進歩に伴い、今日ますますコンクリートに関する幅広い知識と豊かな経験を有する技術者が多く求められております。

この資格を取得していると、コンクリート診断士受験の際には基礎知識に関する試験が免除されます。

 

講座の特徴

建設業界での活躍の場がグンと広がる資格!

コンクリートは、社会生活の基礎づくりに不可欠な建設材料。コンクリート主任技士は、コンクリートの製造、工事及び研究における計画、施工、管理、指導などを実施する能力のある技術者に与えられる称号です。

現在、多数の方々が資格を取得され、コンクリートの製造、施工等の第一線において活躍し、各方面から高い評価を得ています。

本講座では、受験対策に必要なコンクリートの基礎知識が学べます。

ポイント解説講義と問題解説講義で理解力をアップさせます。

 

 

(社)日本コンクリート工学協会

 

使用教材

コンクリート技術の基礎/完全攻略問題集

 

受講料 35,000円(税別)

 

 

このページのトップに戻る

コンクリート技士講座

民間資格取得を目的とした講座

 

使用教材

コンクリート技術の基礎/完全攻略問題集

資格取得のメリット

近年の技術の進歩に伴い、今日ますますコンクリートに関する幅広い知識と豊かな経験を有する技術者が多く求められております。

この資格を取得していると、コンクリート診断士受験の際には基礎知識に関する試験が免除されます。

 

講座の特徴

建設業界で活躍するための資格取得に挑戦!

コンクリートは、社会生活の基礎づくりに不可欠な建設材料。コンクリート主任技士は、コンクリートの製造、工事及び研究における計画、施工、管理、指導などを実施する能力のある技術者に与えられる称号です。

現在、多数の方々が資格を取得され、コンクリートの製造、施工等の第一線において活躍し、各方面から高い評価を得ています。

本講座では、受験対策に必要なコンクリートの基礎知識が学べます。

ポイント解説講義と問題解説講義で理解力をアップさせます。

 

 

(社)日本コンクリート工学協会

 

受講料30,000円(税別)

 

 

このページのトップに戻る

 

 

給水装置工事主任技術者講座

国家資格取得を目的とした講座

 

資格取得のメリット

1、管工事業の経営事項審査の加点評価として給水装置工事主任技術者は一人つき1点の技術評価での加点対象になりました。

2、一般建設業の許可基準のうち、管工事業において、給水装置工事主任者は営業所ごとに置かなければならない専任技術者となることが認められました。

3、「給水装置工事主任技術者」の国家資格を取得し、一定の基準(指定要件)を満たしていれば水道工事業者として新規参入することができます。

 

講座の特徴

給水装置工事主任技術者制度は、水道法施工規則に基づき、給水装置工事に関する技術上の管理、給水装置工事従事者の技術上の指導監督、給水装置が構造・材質基準に適合しているかの確認および、水道事業者との給水装置工事に関する一定の事項に係わる連絡調整を誠実に行うことを業務とし、給水装置工事の技術上の総括者として公示の適正な施工を確保するための責任と地位を与えるものです。

このきゅすい装置工事主任技術者の有資格者を事業所ごとに置かなければ、指定給水装置工事事業者にはなれず、また、工事実施の場合は給水装置工事ごとに有資格者を指名して、工事の技術面を総括する高い職務を担わせるとともに、適正な工事の実施を図らなければなりません。

 

受講料 190,000円(税別)

 

(財)給水工事技術振興財団

 

 

 

使用教材

自宅学習用教材セット、予習・復習学習ガイド、受験対策テキスト、受験対策問題集

本試験直前重要ポイント集

 

このページのトップに戻る

エクステリアプランナー講座

民間資格取得を目的とした講座

 

資格取得のメリット

年々環境緑化(庭、屋上緑化、壁面緑化等)に関する需要が伸びている中、今最も求められているのが1級エクステリアプランナーです。

近年のガーデニングブームにより、エクステリアがより身近になったことで、エクステリアに対する社会評価は高くなり、またエクステリア工事もますます増加の傾向にあります。

 

講座の特徴

環境緑化の需要が高まる時代に、活躍が求められる資格。

1級エクステリアプランナーとは、エクステリアワーキング(住宅の外構部分の工事)において、その設計及び工事監理に従事する者の専門的知識を有している者に与えられる称号です。

短期集中学習で、学科試験、実地試験の一発合格を目指します。

 

(社)日本建築ブロック・エクステリア工事業協会

 

 

 

使用教材

受験対策テキスト(1冊)/受験対策問題集(1冊)/受験講習会用サブノート/前年度本試験問題と解説(1冊)

 

1級受講料 60,000円(税別)

2級受講料 50,000円(税別)

 

 

このページのトップに戻る

 

第3種電気主任技術者試験過去問題講座

国家資格取得を目的とした講座

 

 

使用教材

PDFファイル

 

資格取得のメリット

電気事業法によって、「事業用電気工作物の設置者には電気主任技術者の資格を持っている人を選任する」と定められているため、発電や送電、配電設備などがある工場やビルなどでは、電気主任技術者の資格を持った人が必ず必要とされています。電気を使うすべての場所が活躍の場であるとともに、一度取得すれば一生役立つものであることから、定年後にも活躍できる、非常に有効な資格といえるでしょう。

 

講座の特徴

電気設備の保安監督の必須資格。ここからステップアップ。

電気主任技術者とは、電気設備・電気工作物における維持・管理・運用に関する保安監督者です。第一種、第二種、第三種に分かれていて扱える設備が違います。

一種は電力会社、二種は大規模な需要設備がある事業所、三種は一般事務所などです。

電気工学科の講師陣が最近のかっこ問題を年度ごとに4科目別に一問ずつわかりやすく解説しています。

 

(財)電気技術者試験センター

 

受講料22,000円(税別)

 

このページのトップに戻る